前の記事 » 
次の記事 » 

整骨院や整体院の床の材料はどんな材質が良いのか?

  公開日:2012/11/06
最終更新日:2012/12/12

※この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

タイルカーペットって御存じですか?


カーペットタイルとも呼びます。



表面は「毛」みたいに見えますが、実はこれナイロンなどの塩ビで出来ている製品なのです。
動物や何かの「毛」ではいんですよ。






一般的に、整骨院や整体院などの治療院には、この手のタイルカーペットがよく使用されています。
その理由としては


カーペットタイルの需要が多い理由




■ 安価
■ 施工が簡単・・・ちょっと練習すれば素人の方でもすぐに貼れます。
■ 補修が簡単・・・50センチ真四角のタイルを組み合わせて張っているだけ
          なので一枚一枚剥がす事が出来る。しかも簡単に!
■ 高級感がある・・・「毛」見たいに見えますから、内装の質か上がります。
■ コスパに優れている
■ 一枚一枚のタイルですので、色違いなどのデザイン貼りが豊富に可能!
■ 清潔感が出る
 




逆に敬遠される理由もあるんですよ。



■ 毛が部屋に舞って喉が痛くなりそう。
■ 掃除がしにくそう。
■ 水やお茶こぼしたら拭けない。
■ 施術の時に滑って力が入りづらそう。
■ すぐにヨゴレそう
■ 高そう




あなたはどうですか?


タイルカーペットって言う名前を初めて知ったかもしれませんが、おそらく今までで一度くらいは、その足でタイルカーペットの上を歩いた事あるんじゃないかと思います。



耐久性について


カーペットタイルは色々な場所に使用されています。
例えば、企業の応接間や事務所、その他に実はイオンなどの商業施設の2Fのメイン通路にも使用されています。


イオンなどの商業施設って週末になると一体何千人の人達が行来するか想像も出来ませんよね?



その想像もつかない重歩行にも耐える事も出来るのが、タイルカーペットなのです。



これで耐久性は実証済みですね。


メリットは他にも。


不特定多数の方が往来しますので、時にはソフトクリームやコーヒーなどの飲食をしながら歩く方も居ます。
その方々がコーヒーを不意にこぼしたらすぐにシミになってしまいますよね。



でも大丈夫!



先ほど書きましたが、タイルカーペットは女性や子どもでも、すぐに剥がす事ができますからそのまま新しいキレイなタイルカーペットをはめ込んで上げればよいだけなのです。






一つ豆知識を!


タイルカーペットを貼る時のノリは「接着剤」では無く、「滑り止めノリ」なんですよ。
わかりやすく言うと、接着剤はその名の通りに床に接着して剥がれなくすることが目的です。


逆に滑り止めノリ(ピールアップ)の凄いとことはですね、横の摩擦にはめっぽう強くて、上に引っ張る力には弱いって事です。


分かりますか?


横スレしないのです。
しかし、貼り替える時に剥がす際の力は上に引っ張れば力はほとんど必要ありません。


凄いでしょ!




では、話を元に戻して・・・・


要はこれでランニングコストが下がりますって事です。(コスパに優れている)


そこで
一つ大事な事を忘れてはいけませんので取り上げたいと思いますが、、、


■ 滑りやすそう


って言う意見ですね。



これは確かにあるかもしれませんし、人によっては平気な場合ももちろんありますが、もしあなたが「滑る」って感じているのであれば
逆にあなたの履物を工夫する事をオススメしますね。


こんな感じで!!





これなら見た目もカッコイいし、実用的ですよね。



まあ、奇抜がいやなら、普通のジョギングシューズがオススメですね。



タイルカーペットは治療院の床にはオススメかオススではないかと言う結論を出すのならば
私は、是非タイルカーペットは使って欲しいと思います。



おまかせであれば間違い無くカーペットタイルはお客さんに提案するリストに入ってますから、それくらい大丈夫って事です。



参考になりましたか?


その他、疑問質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。
連絡先は通話料無料のフリーダイヤル 
0120-104-504(てんぽ こうじ)までお願いします。


 

同じカテゴリの記事を読んでみる  治療院の床材について  

整骨院の内装のことは整骨院内装センターへお任せ下さい!!

整骨院内装センター治療院の内装工事の詳細や施工事例はこちら(公式HPへ)

整骨院内装センターへ無料相談整骨院内装デザイン専門店へ連絡0120-104-504(てんぽ こうじ)
※受付時間:月~日 8時~20時

お問い合わせの際は「整骨院内装センターのHPを見て」とお伝えください

サブコンテンツ

このページの先頭へ